めきしこあぼかど日記

くろとしろの日常

人と一緒に住むということについて。

              f:id:abokadodiario:20180618111956j:plain

 

はいー

 

シロです :D

 

今回は人と一緒に住むことについての自分の考えを書いてみようとー

 

この自分、今まで両手では数えられなく足までたさないと足りないぐらいの彼女を作って来ましたけれども、その付き合っている人と住むということは初めてで、今はやく3ヶ月になりました。

 

最初の一ヶ月、なんとも思わなかった自分ですけれども。。

2ヶ月になった途端「なめてたなー」と

 

何と言えばいいですかね、家族とはずっと一緒に住んできたし、大学時代は友達と住んでたし。。でも何か違うと違和感を感じた自分がいました。

 

家族よりは遠いが、友達より近い。その微妙な距離感を初めて感じた僕は考え続くましたーどうすればいいのかと

 

今まで彼女に会うということとはデートのときしかなく、デートってずっと一緒に何かをしていることであって、一緒に住むこととデートとの違いを頭では分かってましたけど、理解はしてなかったのではないかと

 

お互い趣味や仕事内容等、違うところがあるとその分生活の違いもあると。

お互い違うことに集中して顔は見ない時があるものの、一緒に何かをするときはその瞬間に集中することが大切やなと思いました :D

 

個人的に僕は人の前で携帯をいじるのが嫌いで、時に相手とお互い向き合っている時はもっと意識してしないことでありますけれども、素直にゆうと携帯をいじるのが大好きな人でもあります。

 

デートするときって携帯をいじらないのが当たり前で、連絡があったりすると

「ちょっと携帯確認します」

とゆってから見たりしましたが、一緒に住むようになったらいちいちゆうのもあれだし、いい感じに携帯をいじるようにしているのも変わったところですかね。

 

同じ空間にありながら、自分の時間を持ち、一緒の時間もいい感じで過ごす。

そのバランスが重要じゃないかと

 

今日もありがとうございます:D